出産内祝いはどんなもの?予算の決め方は?

初めて赤ちゃんが生まれる家庭にとって、出産内祝いというのも初めての物です。

自分が送る側になって初めて出産内祝いについて知ったという方も多く、出産内祝いとはどういうものかという知識は意外と知られていません。

出産内祝いの予算の決め方や、贈る相手についてなど、出産内祝いに必要な知識を集めました。

そもそも出産内祝いとはどんなもの?

内祝いには「内輪でのお祝い」という意味があり、昔はお祝いをもらっていなくても内輪の相手には内祝いを贈っていました。

家族や親戚、親しい友人などと子供が生まれた喜びを分かち合うというのがそもそもの由来です。

現在の出産内祝いとは、出産祝いを頂いた方に感謝の気持ちと報告を兼ねてお返しを贈る事を指します。

贈る時期は生後二週間から一ヶ月程度で、だいたいお宮参りの時期を目安にします。

出産内祝いのギフトを選ぶのは意外と手間がかかるものです。

出産の後の忙しさと合わせて、なかなか手配が進まないということも十分に考えられます。

そのため、出産内祝いは、予算の決め方をはじめ、出産前にある程度目星を付けておくのがいいでしょう。

出産内祝いの予算の決め方や平均金額は?

出産内祝いの場合、頂いた出産祝いの半額から三分の一の金額のギフトを選ぶのが平均的とされています。

たとえば、一万円の出産祝いなら、三千円から五千円程度のギフトを選ぶという予算の決め方なら失敗がありません。

ただ、物によっては頂いたギフトの金額がわからない場合もあります。

頂いた方それぞれに金額別に出産祝いを用意するというのも手間がかかるため、最初から予算を決めて一律にするというのも予算の決め方のひとつの方法です。

あまり高価なものをお返ししたり、頂いたものより高いものをお返ししたりするのは、かえって贈る相手に失礼になってしまいます。

特に、目上の方や親戚から頂くお祝いは、高額になる場合が多いです。

金額だけでなく、お礼状を付けたりラッピングにこだわったりなど、できるだけ感謝の気持ちが贈る相手に伝わるようにしましょう。

複数人のグループに贈る出産内祝いとは

職場の方からなど、出産祝いを連名で頂く場合もありますが、このような時は一人一人に半返しや三分の一の金額を返すという考え方ではなく、リーズナブルな値段のプチギフトを人数分用意すれば十分です。

それぞれの相手に感謝が伝わるように、メッセージを付けるのもオススメです。

人数にもよりますが、数百円から千円程度で、お菓子やタオルなどのプチギフトを贈るというケースが多いです。