カタログギフトとは人気の出産内祝いのひとつです。

贈る相手を選ばないため、どんな相手にもぴったりというイメージで、出産内祝いの定番ギフトとなっています。

そんなオススメのカタログギフトですが、メリットだけでなく、意外とデメリットもあります。

今回は、人気の出産内祝いであるカタログギフトの良い面と悪い面について考えてみました。

カタログギフトはやっぱりメリットが大きい!

贈り物というのは、受け取る相手の好みに合わないものを贈ってしまうと有難迷惑になってしまう場合があります。

カタログギフトとは、受け取った相手がカタログの中から自分の好きなものを選べるので、相手の好みに合わない品物を贈ってしまうという事態を避けることができるのが一番の利点です。

また、贈る側にとっても相手に合わせてギフトの内容に悩む必要がなく、予算に合わせてカタログギフトの種類も豊富なので、金額に迷わないという点も好まれます。

相手との関係性や、頂いたお祝いに合わせてお返しをしたいという場合にオススメのギフトです。

意外とあったカタログギフトのデメリット

便利な点ばかりに思えるカタログギフトですが、実は意外とデメリットもあります。

実際カタログギフトをもらったことがないと気付きにくいのですが、まず、カタログギフトはシステムが面倒という点があります。

もらったカタログを見て、欲しい商品をハガキやインターネットで注文するのがカタログギフトのシステムですが、ご年配の方には意外と知られていない事も。また、カタログを見てわざわざ注文するのが面倒という方もいます。

さらに、カタログギフトに掲載されている商品というのは、さまざまな経費が乗っているため、実際の金額よりも安い商品がほとんどです。

たとえば五千円のカタログギフトだとしても、実際に掲載されている商品は、カタログギフトの箱代や商品の送料が上乗せされています。

そのため、実際の金額は5千円以下の商品となっているのです。

そのため、せっかく出産内祝いを贈るなら、きちんと金額通りの価値があるギフトを贈った方がオススメという意見もあります。

また、カタログギフトを贈る上で意外な欠点があります。

それが「感謝の気持ちを感じられない」ということです。

もちろん受け取る相手にもよりますが、自由にギフトを選べるカタログギフトのシステムを素っ気なく感じたり、記念として思い出に残らないと感じる方もいます。

そのため、出産内祝いにカタログギフトを贈る場合は、親しい相手には送らない方が無難かもしれません。