名入れギフトは、赤ちゃんの生まれた記念となるため、オススメの出産内祝いとしてよく紹介されます。

人気の出産内祝いとして選ぶ方も多く、出産内祝いの候補として考えているかたもよく見かけます。

贈って喜ばれる名入れギフトとはどんなものか、贈る際のポイントや注意点と共にまとめてみました。

出産内祝いにオススメの名入れギフトとは?

ギフトのカタログなどを見ると、様々なものに名入れや赤ちゃんの写真を入れて贈ることができます。

出産内祝いの場合は、赤ちゃんの名前や写真のほか、誕生日や出生時の体重を入れることもあります。

世界にたった一つのギフトなので良い記念になりますが、実は意外と名入れギフトは賛否両論なんです。

もらって嬉しいと思う方がいる一方で、それほど親しくない相手から名前や写真入りのギフトをもらっても、どうしていいか困ってしまうという声もあります。

オススメの名入れギフトとは、「消え物」を選ぶことです。

消え物とは食べ物の事ですが、食べ物で人気の出産内祝いはお米やお菓子です。

お米の名入れギフトとは、袋に名前や写真を入れ、出生時の体重と同じ重さのお米のギフトです。

赤ちゃんを実際に抱っこするのと同じ重さということもあり、名入れギフトの中でも特に人気が高いです。

また、スイーツの名入れギフトもオススメです。

個包装に名前を入れられるものがこれまでの定番でしたが、最近ではカステラやケーキなどに直接赤ちゃんの名前や写真をプリントできる商品も登場しました。

これなら、名前や写真をアピールしつつ、おいしく食べられるので相手の負担にもなりません。

お酒を飲む方がいるご家庭なら、名入れの日本酒やワインが良いでしょう。

瓶に名前を掘ったり、ラベルに名前や写真を印刷できるので、記念にとっておくにもぴったりです。

特に喜ばれるのが、両親に贈る場合です。

孫の名前が入ったお酒の味となると、また違う味わいがあります。

名入れギフトを贈る時の注意点

名入れギフトとは、文字通り生まれた赤ちゃんの名前が入っているギフトの事ですが、人によってはもらっても迷惑という意見も根強くあります。

そのため、名入れギフトを贈る時は、相手との関係性を良く考えて贈るのがいいでしょう。

お祝いを頂いた方全員に名入れギフトを贈るよりは、名入れギフトは親戚や親しい友人だけにして、それ以外の方には名前や写真が入っていないものを選ぶのが無難です。

ギフトの種類を相手によって使い分ける事で、より相手に喜ばれる出産内祝いになります。